ネコ 水 にゃんすい

 

シニア猫がかかる病気、その代表ははネコに独特の腎臓病です。

 

 

 

猫という動物は、もともと腎臓の働きが弱い動物であります
それはネコのDNAと深く結びついています。

 

それはネコの祖先をたどるとリビアネコ、砂漠というキーワードにたどり着きます。

 

 

ネコは砂漠で、最小限の水分摂取で、腎臓で尿を凝縮することを繰り返しネコは体内から排出する水分が少なくなるように進化を遂げてきました。

 

 

ネコは腎臓で尿が凝縮されるため、結石(尿結石)ができやすくなります。
さらに水分摂取量が少ない場合には、腎不全の可能性、慢性腎臓病が加齢によって右肩上がりに増える可能性が高いです。

 

 

慢性腎臓病はシニア猫の3頭に1頭が罹患する病気ということです、
30%の高確率です。
(ネコの腎臓では、不要な老廃物と余分なミネラルを含んだ尿がつくられます)

 

 

 

犬が単純で男に例えられ、ネコが気まぐれで・ワガママな女性に例えられるようにネコは「痛くても痛い!」とは言いません、
我慢強いと思います。

 

 

ここも人間の男と女に例えられるように、ネコは女性と同じで我慢強いんだなと感心さえ してしまいます。

 

苦しみも痛みも誰にも知られないように敢えて隠しているようにも思えます
ここらあたりも「野生」というものを強く残している生き物だということを感じざるを得ません。

 

 

だからこそ私たち人類がネコの日々の様子に気を遣い、見守って、異変に早く気づいてやることがとっても大事なんだと思います。